Foris -可能性の扉-

今を懸命に生きる貴方に少しでも多くの幸せが訪れますように

~Foris・Clavis~

詔-みことのり-

・相互リンク
当記事にコメントにてご連絡頂けますと幸いです。

・Twitter
ユーザ名:hagiwarahomugi
区々鍵付になりますので、その際にはフォロー申請頂けましたらば。

・Skype
ID:homugi
表示名:穂麦

・創作関連
企画中・・・

【Z/X】青黒緑シェスパアルクスビート(デュミナス対応版)

/* 青黒緑シェスパアルクスビート(デュミナス対応) */

PL:戦斗怜亜
ST:強襲変形フルオリン

/* IG枠 */
4 潮流音マリオネーナ(VB)
4 軍蜂兵アサルトフォース
1 封印の魔人シジールマ(DL3)
1 哀愁バラード リリー(LR・DL1)
3 マシンブレード イザール
3 連毒長翅コルチメコプト(LR・DL1)
4 空腹のグラ

/* 通常枠 */
2 海の家の覇者グラ(ZO2)
2 魔性の妖魔リャナンシー
3 XIフラッグス ルートヴィヒ
4 快速獣人ウェアプロングホーン(LL)
2 XIフラッグス シェスパティエ
2 天上獣忍ウェアジャガー
2 かまくら名人クッキー(AF)
4 道交変形セリウム(LL)
1 七大罪 暴食の魔人グラ(AF)
1 心が弾む音ルートヴィヒ(AF)
3 憤怒の使者アルクス
3 勇者巨神ダームスタチウム

/* デュミナス */
2 溢れ出る『源海』ナム
2 蔓延する『悪疾』アッハーズ
3 生れ出る『恵愛』イシュタル
3 死招く『冥滅』エレシュキガル


●概要
封神指定以降の前環境(マスプロトロン禁止指定後)で使用していた双醒神器型プロングホーンのデッキより派生し、現環境に併せて新規作成したものになります。
無理なくディンギル―――中でもイシュタル・エレキシュガルを運用出来るよう、採用カードを調整している為、余程のことがない限りはディンギルを盤面に還元します。又、登場したディンギル達は須らくレンジの恩恵を受けられることから、従前構築よりも安定したレンジ攻勢を仕掛けることが可能となりました。
ことエレシュキガル運用に限っては、
①憤怒の使者アルクス登場
②アルクステキストにて魔性の妖魔リャナンシー登場
③リャナンシーテキストにて戦蜂兵アサルトフォース或いは連毒長翅コルメチコプト登場
④リャナンシー及び緑3コストをコストに死招く『冥滅』エレシュキガル登場
⑤レンジ付与の恩恵を用いてライフ奪取
といった安定行動を損失なく選択可能であり、このデッキの地力にも繋がっています。
反面、試合序盤の動作はマーメイドの移動能力に大きく依存しており、相手プレイヤーにデュミナス使用の取っ掛かりを与えてしまう等の問題も抱えているので、調整にて改善予定のものです。
余談ですが、シェスパティエ及びプロングホーンLLを使ったデッキ案としてはハルピュイアを採用した超瞬発力型も考案中ですので、上手く纏まれば公開したく思います。

●更新履歴
H28.02.08 新規作成
H28.02.22 更新(アルマク採用に伴いType.VI枚数減少)
H28.03.03 派生追加(ハルピュイア採用型を別途作製・本構築に変更点無し)H28.03.24 更新(ダームスタチウム追加・オリジナルXIIIオミット)
H28.03.24 派生追加(アルクス採用型を別途作製・本構築に変更点無し)
H28.04.07 派生、以後本流(マスプロトロン封神指定に伴う内容修正)
H28.04.10 派生新規(マスプロトロン封神指定に伴う新規作成)
H28.04.24 派生新規(ディンギル搭載に伴い新規作成)

【Z/X】公認大会レポート

○公認大会
参加人数:6人
大会方式:スイスドロー
参加デッキ:赤白黒迦陵頻伽

VS  白黒キューダ型ミッドレンジ
相手のLL達成が遅れたこともあって、アネート及びバジリスクで盤面を優勢に立ち回りながら、詰めに妙声鳥びんが→極麗六鳥びんが→官兵衛と増援を呼び込んで勝ちました
4-0 ○

VS 赤黒緑シャーロット型マルディシオン
デッキ相性が最悪の対面でした。
相手のLLが達成されなかったので一先ずハンデスの脅威はないものの、ビッグマナから守護女神アテナ・ウェアクーガーでボードアドバンテージを稼がれ続ける事態となり、此方はいつ揃うやも知れないLLに怯えて手札を下手に残せない展開が続きます。
アネートで時間稼ぎを図るもヴァーヌスによって盤面が瓦解、窮地に立たされてしまいました。極麗六鳥びんがを引けはせど、テキストが起動出来ない(除外カード9枚止まり:シャハラザード1回+グローツラング起動+スキュラ1回)ので、形勢逆転の糸口も掴めないまま終盤戦に突入していきます。
此処に至るまで全くヒットしなかったIGが悉く的中したことで、相手PS上の守護女神アテナ・マルディシオンを突破しライフ奪取。タイムアップとなるもライフ同数によりサドンデス突入し、僅差で此方の物量が押し勝って接戦を制することが出来ました
2-1 ○

VS 青緑獅子島ビート(ボコす採用型)
初手LL成立・ライフIG(内1枚VB)・通常IGで捲った全てからIGが登場する運命力を発揮され敗北。LL成立を見て速攻を仕掛けたのですが、こればかりは仕方ないですね……
0-2 ×

結果:2-1-0 2位
極麗六鳥びんがのテキストは非常に有用性が高いのですが、下準備に時間が掛かるのが難点ですね。今回の試行構築ではアネート採用ということもあって黄金騎士マリー・アントワネットは非採用としていまいしたが、除外カードの枚数を任意で増加させられるのでやはり必要でした。
三試合通してデッキとして決して戦えない部類ではないと感じましたし、何より可愛さ満点のコンビですから、どうにか実戦に耐え得る構築に仕上げたいものです

●デッキ分布図
・青緑獅子島ビート※ボコす入り(PL:獅子島七尾、ST:強襲変形フルオリン)
・赤白黒迦陵頻伽(PL:蝶ヶ崎ほのめ、ST:凶事の象蛇グローツラング)
・赤黒緑シャーロット型マルディシオン(PL:イリューダ・オロンド、ST:ペイントするソープワート)
・白黒キューダ型ミッドレンジ(PL:ピルルク、ST:儀式の魔人リートゥス)
・青赤黒マスプロイェーガー(PL:獅子島七尾、ST:不明)
・黒単トーチャーズサポート型アルモタヘル(PL:上柚木八千代、元凶の紳士シック)

【Z/X】公認大会レポート

○公認大会
参加人数:5人
大会方式:スイスドロー
参加デッキ:青緑獅子島ビート

VS 青緑獅子島ビート(ボコす採用型
IG成功からテンポを掴みかけるもVB踏みしだく羽目に。マスプロトロンからアドバンテージを稼ぎつつ再びテンポを掴みかけるもデジャブなVBで帳消しとなりました……。更にここから相手はLL成立したので、レンジ2のダームスタチウムで攻撃態勢に入り、一気にライフを奪われていきます。3枚目ライフからVBが見えたので再び戦局はイーブンとなり、相手を攻め立てるもLL不成立の此方は圧倒的不利な局面でした。
ライフを先に奪われるもLRで辛くも生き残り、防御手薄に攻めてきたところをカウンターアタックし接戦を制すことが出来ました。LL不成立が本当に辛かったです
1-0 ○

VS 青黒リゲスマス
先手かつ初手でLL成立したので、増強した低コストとレンジ2のダームスタチウムで攻め立て続けますが、VB及びLRで上手く時間を稼がれてしまいます。
中盤、リゲル☆クリスマスのバウンスと暴食グラで盤面を返されるもマスプロトロンでどうにか盤面をかき回しながら、レンジ攻勢で確実に相手ライフを取っていき勝利。ツインミーティアを展開させる隙を与えなかったのは大きかったですね
3-0 ○

VS 赤黒緑シャーロット型マルディシオン
先手の相手にシャーロットを成立され、序盤からハンデスをされ続ける非常に苦しいスタートとなりました。早々とライフを奪われるものの、どうにか此方もLL成立させ盤面を強化、XIルートヴィヒでハンドを作りながら確実に攻め立てていきます。マスプロトロン、XIルートヴィヒ、ダームスタチウムの健闘輝き白星を収めました。正直、戦績以上に狂うしいゲームだったので勝ちを拾えたことは非常に有意義であったと思います
3-0 ○

結果:3-0-0 1位
マスプロトロンに始まりハンドアドバンテージをつくるカードが多く、それを生かすカードも又多いことから、全般的に安定した戦局をゲームメイク出来るのがこのデッキの強みと再認識する三戦でした。反面、LL乃至マスプロトロンへの依存度が非常に大きい為、必要とされないスロット(現状Type.VI等)にその結果を上手く反映させることが今後の課題となりそうです

●参加デッキ分布図
・青緑獅子島ビート(PL:獅子島七尾、ST:強襲変形フルオリン)
・赤黒緑シャーロット型マルディシオン(PL:イリューダ・オロンド、ST:ペイントするソープワート)
・青緑獅子島ビート※ボコす入り(PL:獅子島七尾、ST:強襲変形フルオリン)
・青黒青黒リゲスマス(PL:各務原あづみ、ST:アイスブラスト サドル)
・青黒孤影マスプロビート(PL:獅子島七尾、STアイスブラスト サドル)

【Z/X】赤緑黒ドローン式官兵衛

/* 赤緑黒ドローン式官兵衛 */
PL:剣淵相馬
ST:雪だるまを作るアルカネット

/* IG枠 */
1 鎮圧女王カテリーナ(VB)
3 禊月の同田貫 雛菊(VB)
2 赤い牙ルビーハウル
4 手甲職人ガントレット(LR)
4 暁十天カリード・カダブ
4 夢を繋ぐ魔人ソリトゥス

2 セージさんのお料理

/* 通常枠 */
3 海の家の覇者グラ
4 金満甲虫ピエニードローン
1 黄金騎士マリー・アントワネット
2 暁十天クテール・マシャカ
2 繚乱の芳魂フィーユ
4 ブンブンするシャーロット
2 雷炎の守護女神アテナ
3 八大龍王 阿那婆達多
2 八宝美神 絶対女王マスティハ
3 神算鬼謀の指し手 黒田官兵衛
3 創星六華閃トリシューラ

●概要
14弾環境で使用していた赤緑t黒アサルトコープスウェアクロウ採用型鵺マシャカトリシューラを改良したコントロールデッキです。新弾で登場したパワーカード『金満甲虫ピエニードローン』『ブンブンするシャーロット』を搭載することを前提に構築を練り直したので、結果、内容としては大幅な変更がなされました。
基本的にはファッティ系デッキの類に漏れず、各種ブーストカードでリソース増強し、各種コントロールカードで蓋をする戦略が望ましいです。【マスティハ効果 → 繚乱フィーユ登場・効果 → 官兵衛登場】といったルートも取れるので、官兵衛自身は非常にPSに立ち易くなりました。鵺採用時とは違った利点かと思います。
構築としては、ピエニードローンを効果的に使用する為、VBに雛菊を多めに採用しました。又、成るべく早いタイミングでZO指数を増加させたかったのでSTはアルカネットとしています。デッキエンジンには引き続きマシャカトリシューラを据えているので、継戦能力は比較的高めのものですが、アサルトコープスを失ったのでトリシューラの回収札がなくなってしまった点は玉に瑕ですね(その分、生き物かつ汎用的な回収札として覇者グラを採用したものとなります)。
ファッティ系コントロールデッキの宿命とも言えますが、ESやマスプロトロン採用型の足の速いデッキはあまり得意ではありません。又、デッキ根幹が起動効果持ちで構成されている(LL・マリー・官兵衛等)ことから、相対的にピュアフロンは苦手と言えるでしょう。
総評しますと、デッキ難易度はあまり高くないものですから、ゼクスをコントロールデッキで始めたい方にお勧めしたいと思います
はじめに
Author: 穂麦
(創作時: 萩原穂麦)
〔相対的幸福量保存の法則〕

物書き志望。
Z/Xプレイヤー、緑の世界に生息中。
世界を笑顔で満たすヒーローに憧れている。

リンクなどのご希望の方はご一報ください。
詳細は左記事をご覧くださいませ。

<拙著>
・Precious!(ライトノベル合同誌『Hybrid!』)
・ホンモノ (ライトノベル合同誌『Hybrid!②side R』)